☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

評判・口コミ

アドロジは儲かる仕組みができている輸入物販ビジネスを展開している

近頃、ネットビジネスに興味を持ち始める人が増えてきています。家事や子育てに忙しい主婦(主夫)や本業の合間でサラリーマンが副業するのであれば、「簡単で少しでも多く稼ぎたい」と誰もが思うでしょう。

本記事では、アドロジは儲かる仕組みができている輸入物販ビジネスを展開していることについて、紹介しています。

  • アドロジはどんな会社?
  • アドロジの儲かる輸入物販ビジネスの仕組みは?
  • まとめ

アドロジはどんな会社?

まずアドロジは、どんな会社なのかみていきましょう。
株式会社アドロジは「栗原 政史」氏が代表取締役を務める、東京都港区にある輸入物販ビジネスで成長を遂げている会社です。2015年創立の7年目を迎える会社であり、社員数は15名の中小企業にあたります。
事業内容は、次の通りです。

  • 輸出入を伴う通信販売
  • 輸出入・通信販売コンサルティング
  • 広報・PR支援サポート
  • システム開発

アドロジは社会貢献活動にも力をいれており、子育てへの関わりや被災地支援、地球環境への取り組みの活動などをしています。
また、アドロジは”足るを知る”ということを大切にしたいと考えている会社です。
主に輸入物販ビジネスで飛躍しているアドロジですが、コロナ渦の不況のなかでも下記3冠を獲得しています。

  • 「コロナ禍における急成長ビジネス No.1」
  • 「誰でも取り組める再現性が高い画期的な独自システム No.1」
  • 「法人、個人事業主が選ぶ収益性が高い兼業ビジネス満足度 No.1」

コロナ渦を迎え、世間が戸惑う中での新たな時代になった昨今においての実績は、アドロジの企業理念である”未来を真剣に考えるキッカケ”が形になっているといえるでしょう。
また、アドロジは多数のメディアにも出演しています。

  • 『ナイツのこれイチ!』2020年2月28日放送分
  • 『カンニング竹山のイチバン研究所』2021年2月13日放送分
  • 『はなわのシャカリキ!プラス』2021年5月7日放送分
  • 『魚住りえのカイシャを伝えるテレビ』2022年4月3日放送分

など。
上記からもアドロジは、メディアに取り上げられるほどの話題性があり、注目度が高いことがわかります。
次にアドロジの儲かる輸入物販ビジネスの仕組みをみていきましょう。

アドロジの儲かる輸入物販ビジネスの仕組みは?

アドロジの儲かる輸入物販ビジネスの仕組みは、自社開発のネットショップ自動販促ツール「NASシステム」を利用したビジネスです。「NASシステム」とは、Netshop Automation Systemの略称で、国内外から安く仕入れた商品を販売した際の差額で収益を生み出しています。
輸入物販ビジネスと聞くと、商品のリサーチから仕入れ、販売や出荷などを行うことをイメージします。ひとりでネットショップを運営していくと商品の管理や在庫のリスクなどもあり、とても大変だと感じます。
そこでアドロジは、自社開発のネットショップ自動販促ツール「NASシステム」を利用したビジネスにより、商品のリサーチのみを行うことで仕入れや商品管理、発送といった手間を省けます。専門知識は持たなくても「NASシステム」により、輸入物販ビジネスが可能となっています。
アドロジの輸入物販ビジネスは商品の仕入れと販売の差額で収益を得られ、国内では手に入れるのが難しい商品を輸入して販売する付加価値があるため、需要が非常に高いといえるでしょう。
昨今のインターネットの普及により、国内にいながらも海外の商品や限定品などの商品を入手できるので、ネットショッピングが主流となりつつある今の時代に非常にマッチしていると考えられます。

アドロジの輸入物販システムの仕組み

ここからは、アドロジの自社開発のネットショップ自動販促ツール「NASシステム」についてお伝えします。
通常の輸入物販ビジネスでは、必要になる作業は次の通りです。

①商品リサーチ
②商品登録
③販売管理
④在庫管理
⑤顧客対応
⑥発送

「NASシステム」を利用することで、これらの作業をシステムで一括管理できます。
アドロジの「NASシステム」は、輸入物販ビジネスにおいての面倒な作業を一括管理できるとあって、大変便利なシステムですがデメリットが2つあります。

アドロジの輸入物販システム「NASシステム」のデメリット

デメリット① システム導入の初期費用

システムの導入には、初期費用がかかります。これは、システムのさらなるブラッシュアップや継続費用に充てられています。しかし専門的な知識が不要で、スキマ時間に取り組めるため継続しやすく、続けていくうちに初期費用を上回る収益を上げられることが期待できるでしょう。

デメリット② パソコンとネット環境が必要

「NASシステム」の利用には、パソコンとネット環境が必要です。国内にいながらもマーケット対象を海外にも広げられるとあって、インターネットを利用した販売が主流となっています。販売対象が国内に留まることがなく、国外でも可能とあれば多くの顧客が存在するといえるでしょう。
アドロジの自社開発のネットショップ自動販促ツール「NASシステム」を利用したビジネスは、パソコンとネット環境があるからこそ販売対象者を広げられ、収益をあげやすいのかもしれません。

以上が「NASシステム」のデメリットです。初期費用やパソコン、ネット環境が必要ではあるものの、これからの需要を考えると収益の高さが期待できます。
次に、アドロジの自社開発のネットショップ自動販促ツール「NASシステム」を利用するメリットをみていきましょう。

アドロジの輸入物販システム「NASシステム」のメリット

メリット① 専門知識が不要

アドロジの輸入物販ビジネスは、専門知識が不要です。アドロジの輸入物販ビジネスでは「NASシステム」を利用するため、システムで一括作業が可能です。
ネットショップを運営していくとなると、専門的な知識が必要と身構えてしまいます。ところがアドロジは「NASシステム」のおかげで、誰でも簡単に専門知識が不要で輸入物販ビジネスを行えます。

メリット② スキマ時間で取り組める

アドロジの「NASシステム」を利用すると簡単に作業ができるため、スキマ時間で輸入物販ビジネスに取り組めます。1日30分~1時間程度の作業で行っている人も実在しています。そのため本業のあるサラリーマンや忙しい主婦(主夫)、子育て中の方などでもスキマ時間で取り組めるとあって続けやすいといえるでしょう。

メリット③ 在庫リスクなし

アドロジの輸入物販ビジネスでは「NASシステム」を使用するため、在庫のリスクがありません。通常の輸入物販ビジネスと聞くと、商品のリサーチから仕入れを行い、商品を一旦抱え込むことになります。そのため商品の在庫を持つことになり、初心者の方は在庫のリスクに不安を感じます。
しかし、アドロジの輸入物販ビジネスは「NASシステム」を利用するため、仕入れた商品は自宅で管理せずに販売元で保管となるので、在庫のリスクを心配する必要がないといえるでしょう。

上記の理由からアドロジの儲かる輸入物販ビジネスの仕組みが成り立っています。システム導入の初期費用やパソコンとネット環境が必要であったりと、デメリットはあるかもしれません。
アドロジの輸入物販ビジネスが、中小企業や個人事業主からも支持を得ているのは、スキマ時間に専門的な知識不要で、誰でも取り組みやすいなどのメリットがあるからこそでしょう。

まとめ

アドロジが儲かる仕組みができている輸入物販ビジネスを展開していることについて、紹介してきました。アドロジの儲かる仕組みをまとめると次の通りです。

  • 「NASシステム」の導入のおかげである
  • 専門知識不要で誰でも取り組みやすい
  • 1日30分程度からのスキマ時間で作業が可能

家事や子育てに忙しい主婦(主夫)や本業のあるサラリーマンにとって、最適な副業がアドロジの輸入物販ビジネスではないでしょうか。少しでも興味があれば、ぜひチャレンジをオススメします!

▷関連記事

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の栗原政史は話題の自動販促システム(NASシステム)を作った!プロフィールや経歴を紹介

adologi(アドロジ)の輸入物販ビジネスは怪しい?評判を一挙ご紹介!

-評判・口コミ

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2022 All Rights Reserved.