☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

【2022年最新版】ワードプレスおすすめ有料テーマ8選!の画像

アフィリエイト

【2022年最新版】ワードプレスおすすめ有料テーマ8選!

「ワードプレスのおすすめ有料テーマは何?」「無料テーマと有料テーマの差は?」「ワードプレスの有料テーマでサイトをかっこよくしたい」

このように、サイトの見た目を良くしたい方などワードプレス(WordPress)でおすすめの有料テーマを探している人も多いでしょう。

世の多くのサイトは、ワードプレスで作成されており、無料テーマでも十分なほどに機能が揃っているものもあります。

しかし、自分でカスタマイズするのが苦手な方やもっとデザイン性を重視したい方など長期的に見てサイト運営に力を入れたい方は、ワードプレスの有料テーマを利用するのがおすすめです。

有料テーマで他のサイトと差別化を行うことが可能です。

今回は、ワードプレスでおすすめの有料テーマを8選ご紹介します。有料テーマをお探しの方は、ぜひご参考ください。

ワードプレスのテーマを選定する基準

ワードプレスのテーマを選定する基準の画像

ワードプレスで有料テーマを選定する際に、「どの有料テーマがいいのだろう」「沢山ありすぎて選べない」と悩む方も少なくありません。

ワードプレスのテーマ選びで抑えておくべきポイントについて以下の通り、まとめましたので、ご参考ください。

・テーマの料金はいくらか

・初心者でも使えそうか

・デザインの良さやカスタマイズの自由度はあるか

・表示スピードは速いか

・SEO対策が施されているか

ワードプレスの有料テーマは、おおよそ1万円~2万円です。中には、1万円を切るテーマもあります。買い切りではなく、月額制のテーマもあるため、出せる費用と相談して決めましょう。

今回、紹介する有料テーマは、基本的にはどれもデザイン性やカスタマイズの自由度、SEO対策が優れています。

あとは、自身がワードプレス初心者かどうかやこだわりたい項目などを考慮して選定しましょう。

ワードプレスでおすすめの有料テーマ8選

ワードプレスでおすすめの有料テーマ8選の画像

ワードプレスのテーマとは、Webサイトの構成やデザインを設定するためのテンプレートのことを指しています。

無料のテーマも多くありますが、有料のテーマほどデザイン性やカスタマイズの自由度が良くないことが多いです。

もちろん、自分でカスタマイズができる方は無料のテーマでも十分ですが、HTMLやCSSが良く分からないという人も少なくありません。

有料テーマを使用すれば、すぐにプロ並みのデザインが施せます。

次より、おすすめのワードプレスの有料テーマを8選ご紹介していきます。

JIN(ジン)

JIN(ジン)の画像

画像引用元:https://jin-theme.com/

JIN(ジン)は、アフィリエイターであるひつじさんが開発したテーマです。買い切り価格は、14,800円(税込)です。

アフィリエイトで成果を出すために、SEO対策ノウハウや広告の一元管理、ランキング作成機能など収益化に特化した機能が多くあります。

デザインの種類は、多くはないですが収益化機能とSEOに必要な機能が豊富です。

アフィリエイト目的のサイトにおすすめのテーマです。

DIVER(ダイバー)

DIVER(ダイバー)の画像

画像引用元:https://tan-taka.com/diver/

DIVER(ダイバー)は、企業に納品してきた技術やノウハウを多くの方に利用してもらえるよう、開発されたテーマです。さまざまな方の意見が反映されているため、多くの方が使いやすいと感じるでしょう。

買い切り価格は、17,980円(税込)です。

機能が豊富でサポート体制(メールサポート無期限無制限)も充実しているため、サイト制作初心者の方でも高品質なサイトを作成するとができます。

クリックするだけで、ボタンやランキング作成、ORコードの設置などが簡単にできます。

どのような目的の方にもおすすめのテーマです。

SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)の画像

画像引用元:https://saruwakakun.design/

SANGO(サンゴ)は、「サルワカ」というサイト運営者が開発したテーマです。買い切り価格は、11,000円(税込)

ユーザーフレンドリーを追求したテーマで、見た目の可愛さだけでなくクリック率の計測やABテスト、収益化やブロックエディターなど機能が豊富にあります。

ブログ運営やサイト制作、さまざまな目的の方におすすめのテーマです。

STORK19(ストーク)

STORK(ストーク)の画像

画像引用元:https://open-cage.com/stork19/

STORK19(ストーク)は、ブロガー向けに開発されたテーマです。買い切り価格は、11,000円(税込)です。

複雑な設定が不要で、初心者の方でも感覚で設定ができます。カスタマイズをしなくてもそのまま使えるほどです。

累計で3万人以上の方が使用しているシリーズで、モバイルファーストやブロックエディタへの対応と表示スピードが改善されています。デザインも美しく、サイトデザインに時間がかからないため、すぐにコンテンツ制作に取り組めます。

ブログをメインで運営する方におすすめのテーマです。

SWALLOW(スワロー)

SWALLOW(スワロー)の画像

画像引用元:https://open-cage.com/swallow/

SWALLOW(スワロー)は、先ほど紹介しましたSTORKと同じ会社がブロガーと共同で開発したテーマです。買い切り価格は、9,900円(税込)です。

必要なものだけを考えて実装したシンプル設計のため、サイトの見た目をスッキリかっこよくできます。

また、STORKよりも安く、初心者の方でも直感でカスタマイズできます。

SNSボタンの標準装備やランディングページの作成機能、便器なウィジェット機能やスライドショーの簡単設置など機能面も申し分ありません。

記事の内容を重視したい方やシンプルで美しいデザインが好きな方におすすめのテーマです。

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)の画像

画像引用元:https://fit-theme.com/the-thor/

THA THOR(ザ・トール)は、一流WebデザイナーやSEOコンサルタント、年間1000万円以上稼ぐブロガーなどが共同開発したテーマです。買い切り価格は、14,800円(税込)と27,400円(税込)の2種類から選択できます。

SEOに対する圧倒的な強さとワンクリックで完成する洗練されたデザインが魅力的です。

ページの読み込み速度や表示速度は数ある有料テーマのなかでもトップクラスと称されています。

集客や収益化にこだわっており、結果を追求する方におすすめのテーマです。

AFFINGER(アフィンガー)

AFFINGER(アフィンガー)の画像

画像引用元:https://affinger.com/

AFFINGER(アフィンガー)は、有名なアフィリエイターが開発したテーマです。買い切り価格は、14,800円(税込)です。

アフィリエイトサイトやコーポレートサイトに多く利用されており、デザインや記事の装飾が簡単に行えます。

プラグインの追加をしなくても、管理画面で機能の設定が可能です。

バナー作成機能や記事のスライドショー機能、最適化などアフィリエイトで稼ぐことに長けている機能が豊富です。

アフィリエイターとして、稼ぐことに特化したい方におすすめのテーマです。

ちなみに、現在見て頂いている本サイトはAFFINGER(アフィンガー)で作成しています。とても、使いやすくて重宝しています。

SWELL(スウェル)

SWELL(スウェル)の画像

画像引用元:https://swell-theme.com/

SWELL(スウェル)は、フリーランスエンジニアの方が開発したテーマです。買い切り価格は、17,600円(税込)です。

ワードプレスの新エディターである、ブロックエディターとの相性が抜群で操作性も優れています。

また、自身のサイト以外にも利用できる100%GPLのテーマです。

サイト制作をメインでやられている方におすすめです。

まとめ:ワードプレスを長期的に利用するなら有料テーマがおすすめ!

ここまで、ワードプレスのおすすめ有料テーマについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

このページの要点は、以下になります。

・ワードプレスのテーマ選定では料金やSEO対策、デザイン性やカスタマイズ性、初心者でも使えるかを基準にする

・ワードプレスのテーマはサイトの構成やデザインを設定できるテンプレート

・アフィリエイトサイトがメインで収益化を重視している方はAFFINGERがおすすめ

・デザイン重視の方はTHA THORがおすすめ

・シンプルデザインですぐにコンテンツ制作に取り掛かりたい方はSTORK19とSWALLOWがおすすめ

ワードプレスでサイト制作を行う上で重視したいことはそれぞれ異なりますが、有料テーマであればできないことはほとんどないでしょう。

有料テーマの中にも、デザイン重視や収益化重視、機能重視などさまざまあるため、自身の目的にあった有料テーマを選定しましょう。

-アフィリエイト
-,

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2022 All Rights Reserved.