☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

未分類

赤石健太氏が思うセカルクのあり方とは?社名に込めた想いに迫る

赤石健太氏が代表取締役を務めている株式会社セカルクをご存知でしょうか?
何気なく見ていたテレビが面白かったので出演していた男性を調べてみると赤石健太氏に辿り着きました。

赤石健太氏がどのような想いでセカルクを牽引しているのか、社名に込められた想いがとても素晴らしいので紹介させていただきます。

赤石健太氏プロフィール

1993年生まれ、東京都出身。ホテル暮らしのミニマリスト。

ファーストキャリアの通信業界でOA機器の法人営業を経験し、2017年創業期の株式会社ルクスに入社。有料職業紹介事業、Web制作事業など複数の新規事業の立ち上げを行う。COOに就任。
2018年株式会社ルクスと兼任で米国法人wamoeba,Inc.(本社デラウェア)のアシスタントに就任。ルクスと米国法人wamoeba,Inc.との資本、業務提携締結に関する窓口・交渉を担当。

同年、株式会社外タレじゃないよのCEOに就任。

2020年11月株式会社セカルクを創業。TV出演や大学講演等の活動も積極的に行なっている。

株式会社セカルクとは?

そんな赤石健太氏が代表取締役を務めている「株式会社セカルク」。一体どのような企業なのかご紹介します。

世界を明るくする企業「セカルク」

セカルクのミッションは、「世界を明るく」すること。社名であるセカルクは「世界」「明るく」するを掛け合わせた造語から名付けられました。

世界を明るくすると言ってもさまざまな方法がありますが、セカルクの考えている世界を明るくとは「人類の物心両面の幸福実現に寄与する」ことだそうです。

会社の存在意義も、社会貢献をするための手段の一つだと考え、会社が税金を納めることにより行政が潤い、私たちの生活もより豊かになります。

坂本龍馬が「世に生を得るはことを成すにあり」という言葉を残しています。せっかく生まれてきたからには自分のためだけではなくもっと高次な使命感を持って、世のため人のためにも命を削っていく…。
人間が生まれてきた意味、人間の生きる意味の本質も、そういったところにあると思っております。

と、赤石健太氏は考えていらっしゃるそうです。

セカルクのブランドシンボル

セカルクのブランドシンボルがこちら。フェニックスをモチーフにしている、このシンボルには3つの意味が込められているそうです。

  • 「メインカラーの赤色」=情熱や自燃性を表す炎
  • 「永遠に繁栄し続ける企業を創出する」=不死鳥
  • 「世界にとって必要不可欠なグローバルカンパニーを創出する」=世界を飛び回る鳥

セカルク事業紹介

  • 人材サービス
  • WEBサイト制作
  • 自社サービス開発

こちらの3つがセカルクの事業内容。1つずつ深掘りしてみましょう。

人材サービス

  • 求職者向けの転職支援
  • 求人企業向けの採用支援
  • 転職エージェント向けの集客支援

などを行なっている人材サービスのプロフェッショナルです。先義後利で求職者と求人企業、双方のハッピーのために良縁を結ぶことに全力を注いでいます。

求職者向けの転職支援

CA(キャリアアドバイザー)として月間ミニマム30名のキャリア相談を実施。

また、RA(リクルーティングアドバイザー)として定期的なお取引企業への訪問、同業者との連携を積極的に行い、最新の求人情報を求職者へ提供しています。

求人企業向けの採用支援

  1. 人材業界のプロフェッショナルが求人票の作成
  2. 採用ページのリニューアル
  3. 転職エージェントの選定
  4. 求人媒体の運用等を請負い採用課題の解決を図る

RPO(業務委託人事)サービスの詳細については上記に記載のとおりです。求職者の目に必ず入る求人票を作成してくれるのは非常にありがたいですよね。プロが作成することで目に留まる可能性が高まりそうです。

お客様の声

求人媒体からの応募者は志望理由の内容が薄くスキル的にもカルチャー的にもミスマッチが多い印象です。一方で、赤石さんの紹介は弊社が求めている人材をピンポイントでご紹介してれるので助かっています。
皆さん入社意欲が非常に高く内定辞退はこれまで1度も無かったので弊社の魅力を毎回しっかりと伝えて下さっているのだなと感じました。

弊社が内定を出して応募者が内定承諾したとしても内定者の本気度が低かったり赤石さん判断で活躍イメージが湧かない場合、紹介を辞退してくださる部分に「真に弊社のことを考えてくださっているんだな」と感じました。
面接に同席してくださったり入社後も無期限でフォローアップしてくださるので本当に助かっています。

転職エージェント向けの集客支援

エージェント業界では転職活動者10名を集客して1名の転職が成約すると言われているそうです。成約で売上を立てている人材紹介会社は、人に集まってもらわなければ売上をあげることすらできません。つまり、集客課題が経営課題と言っても過言ではないと言うことです。

セカルクでは、そんな集客課題に困っている企業へ集客コンサルティングを派遣。一緒に課題を解決してくれます。

WEBサイト制作

企画段階から携わり、設計・デザイン・構築まで一貫して請け負うWEBサイト制作。予算に合わせた提案も可能で、クラウアントの販売促進をしっかりサポートしてくれます。

  • オリジナルデザインのコーポレートサイト
  • サービスサイト
  • ランディングページ
  • 採用サイト その他オプションも可

WEB制作企業であれば、リソースの空いている限り依頼を受けて制作を進めていく方法が一般的ではないかと思うのですが、セカルクはあえて依頼を年間約60件、月間のリリース数は5件と制限を設けています。

制限を設けているからこそ、最適な人選と納期管理で素早くクライアントの意向通りのWEBサイトを制作することが可能だそうです。

特に採用ページに関しては、求職者心理を理解している人材紹介会社ならではの採用ブランディングで効果を最大化させ応募に結びつけることがセカルクの強みとなっています。

お客様の声

創業して間もなかった弊社も名刺だけではなく、ちゃんとした企業らしくHPを用意しようと思い赤石さんに依頼させていただきました。

通信業界では、ほとんどの企業がホームページを持っています。事業内容だけではなく社員旅行の様子なども掲載してもらい信用度もUPし会社のPRにも繋がりました。セカルクさんに依頼して良かったです。

私を含めて女友達4名で「こんなサービスあったらいいよね」で始めました。やらしさや怪しさがなく自宅で時間を持て余している女性が、気軽にzoomで異性とおしゃべりができるサービスです。

WIXで簡易的に作ったサイトはあったのですが、ちゃんとしたサイトの用意が必要と感じたタイミンングで赤石さんと出会いご依頼させていただきました。イメージ通りのものを作ってくださり本当にありがとうございました。

自社サービス開発

InstagramなどのSNS拡張サービス「PURORU」、人材紹介会社(転職エージェント)向けの営業支援システム「Scotch」の開発を行なっているそうです。

CSR活動を積極的に実施

これまで事業の紹介をしましたが、世界を明るくする方法としてセカルクはCSR活動(献血活動、障がい者自立支援、環境活動)も積極的に行なっています。

献血活動について書かれたセカルクのHPを見てみると、そこにはこのような文章がありました。

代表の赤石が3年間、個人的に継続している献血を弊社セカルクでもCSR活動の一環として導入いたしました。
任意制なので一部の社員が自主的に活動に取り組んでおります。

献血は本人の意思で行われるものですし、それを3年間も続けているなんて赤石健太氏は常日頃からの意識が高い方なんだなと思いました。

この他にも環境活動として、毎週月曜日の8時からオフィスや駅周辺の清掃活動を行っているそうです。

最後に

今回は、赤石健太氏と彼が代表取締役を務めている、株式会社セカルクについて紹介いたしました。
企業としてクライアントに満足していただけるサービスを提供することももちろん大切ですが、収益を求めるだけではなく社会貢献活動も積極的に行なっている点に非常に感銘を受けました。
これからも赤石健太氏とセカルクの活躍に注目しようと思います。

セカルクHPはこちら

-未分類
-,

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.