☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

ネットビジネス

白沢よしきの歴史!1年で3000万円を稼いだ若き実業家の姿とは?

こんにちは。皆さんは、白沢よしきさんという実業家をご存知でしょうか?

大学在籍中に株式会社を設立し、1年目にもかかわらず約3,000万円の利益を生み出した今注目の若手実業家です。私は白沢さんについて正直に言うとあまりよく知りませんでした。しかし彼がどんな人でどんな道のりを歩んできたのか知り、ぜひ多くの人にこのドラマのような話を知って欲しいと思いました。そこで、今回は白沢よしき氏成功までの道のりをご紹介します!

白沢よしきさん プロフィール

  • 白沢よしき
  • 1989年山口県生まれ
  • 早稲田大学卒
  • 東京、香港、シンガポールに拠点に活動
  • WEBビジネスをはじめ、不動産を多数所有
  • 年商3億円
  • 1児の父
  • 趣味は読書、ゴルフ、野球  

教師を志して早稲田大学教育学部に進学しますが、既存の教育システムに疑問をもち学生時代に起業。システム開発事業によって1年目から約3000万円の利益を作る。

勢いそのまま海外進出しますが失敗。多額の負債を抱えることになります。しかし諦めずにゼロから挑戦し続けた結果、アメリカのビジネスオーナーと仕事をする機会を得て、そこで始めたビジネスがきっかけで大逆転を収める。

日本に帰国後も様々なビジネスを立ち上げ3年連続年商1億円を達成。3社のオーナーとして多方面で精力的に活動を展開中。

 

夢を決めた高校時代

恩師からの一言をきっかけに教師を目指す

山口県で生まれ育った白沢さん。今でこそ若手実業家として大活躍ですが高校時代は、ごくごく普通の高校生だったと言います。そして驚きなのが高校時代は教師を志していたということ。

教師を志したきっかけは当時の担任の先生。熱血な男性の先生で毎日話をしているうちに自分の将来について真剣に考えるようになった白沢さん。

先生の口癖は「人生の思い出を作れ。人生の質は思い出の数で決まる。」

なんだか学園ドラマのセリフにありそうな言葉ですよね。こんな言葉を全力で生徒に伝えようとする先生…。本当に素晴らしいです。そんな熱血先生の魂の叫びが胸に響いた白沢さんは

「こんな風に人に影響を与えることのできる人って、すごくかっこいい。そうだ。俺も先生になろう!たくさんの人の人生を変えられるようなかっこいい先生になるんだ。

と考えるようになります。

挫折とアルバイト漬けの大学時代

大学に入学したのに人生初めての挫折

その後、無事に大学の教育学部に入学。楽しいキャンパスライフをエンジョイしつつ、夢である教師を目指していたのも束の間。なんと家庭の事情で自ら生活費や学費を工面することに。

突然のことでどうしていいのか分からなかった白沢さんは、無知な学生をターゲットにした悪徳なビジネスにまんまと騙され大事にとっておいた入学祝や、当分の生活費として先に貰っていた貯金をすべて失ってしまったそうです。

自分の行った行動を後悔してもお金は戻ってきません。しかしお腹は空きます。家賃も払わなければいけません。奨学金を借りることも検討したようですが結局奨学金は借りずに学業そっちのけでアルバイトすることに。

思い描いていたキャンパスライフとはかけ離れた生活

その言葉の通り無一文になってからはアルバイトの日々。飲み会に遊びにとキャンパスライフを謳歌している同期を見るととても羨ましく思っていたそうです。

キャンパスライフを犠牲にしてまでアルバイト。当時は3つ掛け持ちし、明け方まで働いていたと言うから驚きですよね。

そんなに身を粉にして働いていて身体を壊さないのかな?と思ってしまいましたが、居酒屋で働いていたそうでまかない料理が主食となり野菜もたっぷり摂れるのでありがたかったそう。

しかし、居酒屋のアルバイトが毎日あるとは限らないですよね。そんな時どんな食事を摂っていたと思いますか?

近所のスーパーで3kg1000円で売っていたパスタを茹でて、塩だけをかけた、その名も「塩パスタ」

1食30円。1日3食食べても食塩込みで98円!

安いと言っていいのかどうかわかりませんが…。これを食べている白沢さんはどんな気持ちだったのかなと考えてしまいました。しかし悪い流れはこれだけで終わりません。バイト先でうっかりミスをして高価な機械を壊してしまい、店から50万円の弁償を求められてしまいます。

アルバイトの大学生が壊したとはいえ、冷静になって考えてみると50万円の弁償を求めるってどうなんでしょうか…。その時に他の人に相談していればもっといい方向に進んでいたのかもしれませんが、そんな余裕もなくアルバイト代から天引きされるのをただ眺めるしか方法はありませんでした。

一念発起しビジネスをスタート

ついに転機が訪れる…

そんな白沢さんにもついに転機が訪れます。きっかけは大学入学当初によく遊んでいた友人。心配して連絡をしてきてくれたのですが、指定された場所に行ってみると知らない男性も一緒に座っていました。

「白沢にどうしても紹介したかったんだ。○○さん。」

「白沢くん。初めまして」

この時白沢さんは「これは完全にマルチの勧誘だ。」と思ったそうです。しかし、話をよくよく聞いてみるとその男性は実業家で、アメリカでシステム開発とWeb マーケティングに関連した新しい事業をヒットさせており、このスキームの日本展開を任せられるようなやる気のある若者を探しているとのこと。

ビジネスモデルを聞いていると確かにこれからの時代にマッチしたものだったし、ノートパソコンで見せてくれるデータなども嘘を付いているとは思えない、もしこのビジネスに全力投球すれば、今の生活が激変する..どころか同期とは比べ物にならないほどの収入が入ってくる未来が白沢さんには見えました。

「やります!」と伝えると

男性がそのビジネスを教えてもらうためのコンサルティングフィーの金額を口にしました。

その額なんと200万円

「ああ、またか」

1年前に貯金を全て失った苦い思い出が蘇ります。そして200万円なんて大金があるわけもなくその場をさりました。

悪徳商法?それともビッグチャンス?

「悪徳商法ビジネスでおもいっきり騙されているのにまた同じような話に騙されるほど馬鹿じゃない。」

そう思っていたのにあのビジネスの話が頭から離れなくなってしまった白沢さん。そしてビジネスのことを考えているうちに

「やっぱりあれは今の生活から抜け出すビッグチャンスかもしれない!」と思い、あの男性へ電話をかけたそうです。

電話口でビジネスに対する意欲が十分にあること、必ず成果を出すから200万円の支払いを後払いにして欲しいことを伝えました。しかし男性からは期待していた返事は返ってきませんでした。

それでも諦められない白沢さんは友人や親戚、よく分からない消費者金融などからなんとか100万円をかき集めます。100万円を集めた誠意が男性に伝わったようで残りは分割払いすることを条件に男性からのコンサルがスタート。

1年間で約3000万円の利益

教わったビジネスは大成功。なんとたったの1年間で約3000万円の利益を生み出しました。そのお金で、諸々の借金を全て返済。無事に大学卒業も果たします。

「今の生活を抜け出すビッグチャンスかもしれない。」と察した白沢さんの予想は見事的中。生活は文字通り一変。お金があるかないかでこんなにも人生が変わるのかと。どんより淀んでいた人生がとても華やかな人生となりました。

そして現在白沢さんは日本だけではなく世界中を股にかけて事業を展開。3年連続年商1億円を達成。3社のオーナーとして多方面で精力的に活動を行っています。

まとめ

今回は若手実業家「白沢よしき」氏についてご紹介しました。このお話を伺ってから、「人生何が起こるか本当にわからないな。」と思いました。いい方向にも悪い方向にも自分の判断ひとつで決まるんですね。白沢さんのように私もチャンスを掴める判断をしていきたいです。

noteはこちら

-ネットビジネス
-

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.