☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

ネットビジネス ビットコイン 仮想通貨

仮想通貨市場の10年後を大予想!市場規模は40兆円になると予想!

 

2020年はオリンピックイヤーで日本が盛り上がることが予想されます。

仮想通貨市場はどうでしょうか?

10年後といえば西暦2030年になろうとする頃で、私たちは未人工知能やブロックチェーンなどが世の中を引っ張っていく未来を迎え入れようとしています。

 

人口減少問題やインフラ設備の老朽化など、様々な課題が突きつけられ、これから深刻化する社会課題を解決することからも新たなビジネスチャンスが生まれてくるはずです。

 

皆さんは最近の「仮想通貨市場」をご存知でしょうか?

今回はそんな仮想通貨市場の10年後についていくつかのジャンルに分けて予想していきたいと思います。

今回紹介させていただくように仮想通貨市場が今後どのようになっていくのか気になっている方も多いと思いますので是非最後までご覧ください。

 

仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる?

仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になると言われています。

仮想通貨ヘッジファンドの「パンテラキャピタル」の社長であるダン・モアヘッド氏が仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる可能性があると語っています。

仮想通貨リアルタイム情報サイトのCoinMarketCapによれば、世界には少なくとも1921種の仮想通貨が存在しています。

国内の大手仮想通貨取引所であるコインチェックから、仮想通貨「NEM(ネム)」が不正に流出するハッキング事件も記憶に新しいでしょう。

仮想通貨業界全般への不信感が蔓延するようになりました。

 これに関してはテレビのインタビュー中に語っており、期待している方が増加しているというのがあります。またヘッジファンドというのはビットコインのみを取り扱っており、ビットコインだけで2万5000%以上の利益を得ています。

昨年だけでビットコインの価値というのは非常に高まったことがあるわけですが、ブロックチェーンの技術を使った仮想通貨の価値を見てみると、仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる可能性が十分にあり得るというわけです。

また昨年の仮想通貨市場というのは「仮想通貨」が全体的に普及されたことによって全体的に価値が上昇しました。ですが、仮想通貨というのは完全に身近な存在になっているわけではないため仮想通貨市場の価格は上昇しきってはいません。

またビットコインだけではなく、他の仮想通貨なども同様に仮想通貨としての価値が高く、将来性のある仮想通貨というのは価格が上昇しています。

そのため仮想通貨というのは「最高値」を更新すると言われています。

.

.

.

ではここからはジャンル別に10年後のお話をしていきましょう。

 

【少額送金】

 法定通貨は、海外送金に多大なコストと時間がかかります。

外国へ100円送金するのに数百円の手数料が徴収され、タイムラグを要する本末転倒の状況にあります。それを限りなくゼロに近いコストに抑え、1円や1セントを世界中へ気軽に送れる世界が実現すれば、売買や謝礼、寄付などが行われる頻度が爆発的に高まると考えられています。

お金がインターネット並みの速度とコストで流通する世の中は、日常の景色を一変させてくれるでしょう。

 

 【ICOトークン発行】

仮想通貨は、スタートアップ企業などが証券取引所を通さずに世界中から資金を調達できる仕組みを生み出しました。それがご存知「ICO」です。

企業のプロジェクトに賛同し、資金を提供した者にはICOトークンが付与される仕組みです。株式では、会社法によって定められた「株主の権利」を投資家に対して与えるのに対して、ICOでは、その権利を発行者が自由に設計できます。

ICOトークンの保有者に、会社は経営権や発言権などの一部を渡す義務や配当を出す義務もありません。資金調達をカジュアルに行える仕組みとして、これから世界の起業家の間で本格的に普及し、一般化するものと考えられています。

ただし、プロジェクトの実態が存在しないにもかかわらず、ICOにより多額の資金を調達し、その後行方をくらます「詐欺ICO」が世界各地で発生したことから、日本を含む各国で、ICOへの規制が厳格化されています。むしろICOの信頼強化と本格普及に向けてのスタートともいえるでしょう。

 

「キャッシュレス決済」が日常化

【マイニング】

マイニングとは、仮想通貨の取引記録に矛盾や二重決済などがないかを、ASICと呼ばれる高速処理が可能な集積回路を利用して作成したマイニング専用機を用いて点検する作業のことです。

マイニングを行うと、報酬として新規に発行された仮想通貨を受け取れます。このことから、現在マイニングは世界各地で大規模な企業活動となっています。

特にビットコインのマイニングには電気代がかさみ、しかも稼働中のASICが高熱を発する。そのため、電気代が安く、比較的寒冷な地域における事業者の集中がみられます。今や、世界中のビットコインマイニングに要する消費電力は、EUの20 以上の国を含む世界の159カ国の各消費電力よりも多く莫大なものとなっており、地球環境問題のひとつに数えなければならないほどです。また、主力のマイナー企業がビットコインのバージョンアップに反対し、改善の芽を摘み取るなど、マイニングシステムの非効率性も徐々に露わとなっています。

日本国内では、クラウドマイニング事業が始まり、準備中の企業があります。

クラウドマイニングとは、マイニング企業への出資によって、その出資割合に応じてマイニング報酬から配当を得ることができるサービスです。クラウドマイニングでは、自分でマイニング用のPCやASICを用意する必要がないため、個人でも参入するハードルは高くありません。だが、出資先のマイニング企業が万一、経営的に破綻した場合には、出資額を失うリスクがあります。

DMM.comとGMOインターネットは、すでにそれぞれDMMビットコインとGMOコインという仮想通貨取引所を開設しており、SBIホールディングスは、早い段階から仮想通貨リップルに出資し、仮想通貨取引事業への参入も準備しています。三者ともに資本的背景は十分で、仮想通貨に親和性があることから、マイニング事業への新規展開も自然な成り行きといえます。中でも、GMOインターネットは世界最高性能のマイニング専用ASICチップを開発しており、今後はマイニングマシンの販売に専念していくつもりだそうです。

 

 【決済受入】

クレジットカードや、SuicaやEdyのような電子マネーよりも、ビットコインなどの仮想通貨は決済手数料がはるかに安いです。

そのため、決済手数料を店舗負担としているのであれば、導入のメリットがあります。

実店舗で仮想通貨決済を受け入れている全国区の小売チェーンとしては、家電量販店のビックカメラやコジマが代表的です。

そのほか、各都道府県に様々な業態でビットコイン決済を受け入れている店があり、大手インターネットサービスでは、CAMPFIREなどでビットコイン決済を採用しています。

 

2020年までには「ビットコイン払いなら全品5%OFF」など仮想通貨決済でのメリットを前面に押し出す小売店が現れることで、消費者の間で仮想通貨の取得に積極的な行動が予想されます。

店舗側にとっては仮想通貨決済導入のほうがクレジットカード決済のような費用がかからないため、消費者へ利用を勧めるメリットもあります。

2030年までには、仮想通貨などによるキャッシュレス決済が日常の風景に溶け込んでいるかもしれません。

 

仮想通貨市場の暴落、復活から見える将来は?

最後に仮想通貨市場の暴落後の復活から見える将来についてお話したいと思います。上記で紹介させていただいたように仮想通貨市場というのは10年後には40兆ドル規模になると予想されています。そういった中で仮想通貨市場というのは「規制」などによって暴落してしまった事実もあります。

またセキュリティ問題などもあり、仮想通貨を保有しておくことが危険ではないかともいわれており、暴落後も中々価格が戻りにくいのが現状としてあります。

ですが、最近は仮想通貨の「人気」「知名度の上昇」「実用化への発展」によって、新しい事業が増加していたり、仮想通貨を使ったアプリゲームなども登場しています。

そういった理由から仮想通貨というのは暴落後に「復活の予兆」を見せています。

そして仮想通貨の将来性というのは極めて高いため、3年後、5年後、10年後・・・ますます期待ができるでしょう。

そして15年後、20年後には「仮想通貨」が私たちにとって当たり前の存在になってくるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は仮想通貨市場の将来について詳しく予想しました。

皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨市場が10年後に40兆ドル規模になると言われているためかなりの期待をお持ちでしょう。

暴落したからこそあとは上がるだけです。

仮想通貨の将来が今後どのようになっていくのか皆さんで見守っていきましょう。

-ネットビジネス, ビットコイン, 仮想通貨

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.