☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

ネットビジネス 仮想通貨

今さら聞けない!?仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)

 

Binance(バイナンス)は取引高・登録者数が世界トップクラスの海外の仮想通貨取引所で、国内の取引所とは比較にならない圧倒的な通貨数、ICO直後の通貨もすぐに扱うなど、日本人ユーザー間でも爆発的な人気の取引所です。

元々は香港に本社を置いていた取引所ですが、現在はマルタ島へ本拠地を移転しました。

 

今回は、Binanceについてご紹介していきたいと思います。

今さら人に聞けない部分もあるかと思いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

<世界一!大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の特徴>

ハードフォーク通貨をサポート

バイナンスは2017年に「状況に応じてハードフォーク通貨を適切にサポートしていく」という姿勢を発表しました。

日本国内の取引所がハードフォーク通貨を慎重に見極めている姿勢とは対照的です。

日本では、ハードフォーク通貨がビットコインの信用性を低下させるとして疑問に思ったり、否定的な見方をする人も少なくありません。

 

ハードフォーク通貨を配布

また、バイナンスは今後もハードフォーク通貨を配布する可能性が高いことも人気の理由です。先ほどお話したハードフォークによってビットコインダイヤモンド(BCD)が生まれましたが、このときバイナンスは取引所にビットコイン(BTC)を保有していたユーザー全員に、1ビットコインあたり10BCDを配布しました。

その時点の相場で計算してみると、1ビットコインを持っているだけで10万円近くを無料で手に入れたことになります。

 

ビットコイン分裂への対応が迅速

バイナンスは、ビットコイン分裂への対応がスピーディーだったことも特徴的です。

ビットコインは技術改善や仕様変更によってフォークという事態になりました。

フォークにはソフトフォークとハードフォークがあり、ソフトフォークはシステム全体が新仕様に置き換えられますが、ハードフォークは特定のブロックから新しいもの・古いもの2つの仕様が共存することになるため、事実上分裂します。ハードフォークによって生まれた仮想通貨を、バイナンスは受け入れています。

 

<Binance(バイナンス)魅力ポイント>

 

〇取り扱い通貨が豊富

バイナンスは取り扱い通貨も多く1,000種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

国内では購入できない通貨もバイナンスでは入手可能で、価格が上昇する前に手に入れることができます。

 

〇通貨を次々に上場させている

バイナンスは今年に入っても取り扱い通貨を増やしています。

バイブ(VIBE)、クロークコイン(CLOAK)、ゴーレム(GNT)、バイトコイン(BCN)、オーガー(REP)、トゥルーユーエスディー(TUSD)など、今後も新たな通貨を取り扱う予定で、取り入れるスピード感は国内の取引所とは比較になりません。

 

<Binance(バイナンス)がお勧めな人>

これから仮想通貨を始める方は、「あまり利益がでないのでは?」と感じているかも知れませんが、バイナンスは新しい通貨を積極的に取り入れています。

「仮想通貨を始めたのが遅かった」と思っている方でも、十分に資産を増やすチャンスはあります。

他の取引所よりもフォークコインに対応しているので、バイナンスに資産を移しておけば、貰える可能性が十分高いのです。

 

また、バイナンスはUSDTがペア通貨として導入されているので、暴落を警戒しドルとペッグしているUSDTに避難することも可能です。

 

そして現在、バイナンスで取り扱っている通貨は1,000種類以上といわれています。

近年、新たに追加された通貨も多く、今後も増えると予想されます。

様々な通貨から選択したいという方にもお勧めです。

 

<Binance(バイナンス)の手数料>

バイナンスは手数料が大変安く、それが人気の高い理由の一つです。

海外取引所では手数料0.15~0.25%というところが珍しくありませんが、バイナンスの手数料は0.1%です。

またバイナンスでは、独自で発行しているBinance Coin(BNB)を手数料の支払いに使い、バイナンスの手数料を割り引くことができます。

その結果、手数料がさらに半分の0.05%に割引されます。

手数料はユーザーにとって重要視するポイントです。

この安さはかなり嬉しいメリットです。

 

【利用年数】【手数料割引率】

 1年目    50%

 2年目    25%

 3年目    12.5%

 4年目    6.75%

 5年目    0%

 

<多くの企業と提携しているBinance(バイナンス)のサービスとは>

 

〇ウガンダのブロックチェーン組織と提携

バイナンスはウガンダの経済発展や若者の雇用促進のため、cryptosavannahやAggieKonde氏、HelenHai氏とパートナーシップを結びました。

アフリカ大陸は、金融分野のブロックチェーン企業にとって有望な場所で、今回の提携が仕事を生み、投資を呼び込み、「経済改革」を推進することであると趙CEOは述べています。

 

〇バミューダ政府と提携

バミューダのエドワード・デービッド・バード首相は、バミューダ政府がバイナンスと新たに提携したことを発表しました。

バイナンスは、基金を通じて現地に最大1000万ドルを投じ、ブロックチェーンの技術開発とコンプライアンスの大学相当の教育を実施し、バミューダに拠点を置くブロックチェーン企業に最大500万ドルを投資する予定です。

 

<Binance(バイナンス)の登録方法>

・バイナンス公式サイト(https://www.binance.com/en?ref=17380539)にアクセスし

・「Register」をクリックします。

・メールアドレス、パスワード、パスワード再入力欄に情報を入力します。

・「Register」をクリックします。

・登録したアドレスにメールがきたら、メール内のリンクをクリックして登録完了です。

 

<本格トレードができるツール>

バイナンスでは初心者でも見やすい「ベーシック」

インジケーターや様々なツールが使える「アドバンス」と呼ばれる

トレード画面が2種類用意されています。

 

〇ベーシック

売り板・買い板にある「価格・数量・総量」の行をクリックすれば、購入・売却の欄に自動入力されて、非常にシンプルで使いやすいので初心者の方に使いやすいモードです。

 

〇アドバンス

ベーシックでは簡単なチャートしか表示できませんが、細かいチャート分析をしたい人は「アドバンス」を利用するとよいでしょう。

インジケーターや様々なツールが用意されている上級者向けのモードとなります。

 

またバイナンスでは、誰でも手軽に仮想通貨の取引を行えるよう、PCのみでなくスマートフォンの取引アプリも利用者に勧めています。

ユーザーからは、取引画面が見やすく、操作システムがシンプルで使いやすいと好評です。

また、バイナンスのアプリのセキュリティは、指紋認証、パターン認証、2段階認証対応で、利用者が安心して使用できるようセキュリティ設定もできます。

 

これが初心者でも安心して始められるでしょう。

 

<Binance(バイナンス)で取引する方法>

 

〇入金方法

バイナンスにログイン後、「Funds」という項目から「Deposits Withdrawals」をクリックします。

画面が変わり入金したい仮想通貨の「Depositl」ボタンをクリックします。

入金用アドレスが表示されます。

このアドレスをコピーし、送金元の送金アドレス欄にペーストし、送金処理をします。

これでバイナンスに指定した金額が入金されます。

 

出金方法

「Funds」→「Deposits Withdrawals」をクリックします。

出金する仮想通貨の「Withdrawal」ボタンをクリックします。

表示される画面にて、送金アドレスを打ち込みます。

「Available」と書かれている欄に、出金したい額を入力し「Submit」ボタンを押します。

登録したメールアドレスに、出金の確認メールが来ますので、そこに記載されているURLをクリックして出金完了となります。

 

いかがでしたか?

今回は今さら聞けない、大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)についてお話しました。

 

バイナンスの評判をみると、ビットコインのフォークコインに魅力を感じているユーザーが多いようです。

また、取り扱い通貨が多いのと取引手数量が安い点も人気がある理由でしょう。

 

Binanceはビットコイン以外の仮想通貨も幅広く取り扱っているので、気になる通貨がある方には登録をおすすめします。

取引手数料も他の取引所と比べて安く、国内でも多くの人がBinanceを利用しています。

複数の取引所で口座を開設し、そのうちの一つとして利用するのもいいでしょう。

利用する仮想通貨取引所の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

-ネットビジネス, 仮想通貨

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.