☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

ネットビジネス 仮想通貨

【2020年最新版】ビリオネアキャッスルとは?泉忠司の気になる話とメリット・デメリット

「泉忠司」この名を一度は耳にしたことがあるかと思います。
そして今話題の「ビリオネアキャッスル(BILLIONAIRE CASTLE)」をみなさんご存知でしょうか?

このビリオネアキャッスルを起ち上げたのが泉忠司氏です。

私が初めて聞いて「ビリオネアキャッスル」や「泉忠司」を調べたとき、アンチも多いのか、ただ批判しているだけのサイトやべた褒めのブログなど、何を信じればいいのか分からない状態でした。

そこで両方の記事を読んだうえで私がビリオネアキャッスルに入会し、率直な意見をお伝えできればとこの記事を書くことにしました。

[追記]2020.8.7.本記事は最新情報を踏まえて、加筆修正しました。

まず、これだけは最初に伝えておきたいと思います。ビリオネアキャッスルに参加して驚くことは、これまでには聞いたことがない情報がたくさん流れていて、そしてそれらがたくさんの参加者たちの間でやりとりされているという事実があるということです。そのほかにも泉忠司氏の経歴やこれまでの功績、ビリオネアキャッスルに入会してみて感じたことや率直な感想、口コミや気になる話などをまとめました。

ビリオネアキャッスルの発足人、泉忠司はどんな人物

1972年香川県高松市に生まれ、裕福とは言えない家庭環境で育った泉氏は高校2年の秋まで勉強には興味がなく「僕も最初からお金持ちではなかった」と話しています。

そこから独学で勉強し、全教科偏差値30だったにも関わらずたった半年間で全国模試1位という偉業を成し遂げました。このときに「偉才・泉忠司」が誕生したのかもしれません。

横浜市立大学に入学。この独自の勉強法や半年で全国模試1位をとったことなどから「リアルドラゴン桜」と呼ばれています。このエピソードについては、コミック「ドラゴン桜」12巻で実際に紹介されています。

その後はケンブリッジ大学へと留学。泉氏の専門はイギリス文学・文化全般だったので、ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジに客員研究員として留学。

帰国後は、大学講師としてのキャリアを日本大学、日本工業大学にてスタート
2年後に早稲田大学British Studies研究所客員研究員、横浜市立大学、青山学院大学、日本大学などの講師を歴任しました。

週25コマを担当する人気講師になり学生からの人気も絶大。「カリスマ大学講師」と呼ばれるようになったそうです。

億万長者への近道!?泉忠司のビリオネアキャッスルの全貌を紹介

続きを見る

 

ベストセラー作家だけじゃない泉忠司の実績

泉氏は本の出版も手掛けています。出版著書は50冊以上・累計350万部を超えています。

『泉忠司の合格日記 偏差値30から、たった半年で全国1位をとった僕の勉強法 』
『泉忠司の完全制覇シリーズ』
『歌って覚える英文法完全制覇』

など大学受験参考書シリーズが大人気に。世界一分かりやすい英語参考書。

「理解したうえでの例文暗記こそが英語習得の最短距離」と語る泉忠司の英語学習のノウハウが出し惜しみなく凝縮されている。

ビジネス著書も『バカとブスこそ金稼げ!』、『魚の釣り方は自分で考えろ』などが様々なランキングで1位に。

読売新聞ビジネス書ランキング1位を獲得

特におすすめなのが『コンフィデンスシンキング~成功のための7つの絶対原則~』です。コンフィデンス・シンキングとは、自分を成功へと導く、包括的な思考法のこと。

「自信」「解釈」「目標」「分析」「戦略」「行動」「展望」と、考え方から行動までを順を追って、具体例をふんだんに交えつつわかりやすく解説する。

新しいことを始めたい人、なかなか一歩が踏み出せない人、今の仕事に満足していない人、自分自身に満足していない人、真の成功を手に入れたい人……そういう人には必読の1冊。

この本は読売新聞ビジネス書ランキング1位を獲得しました。

【ベストセラー作家】泉忠司の書籍

続きを見る

恋愛小説は100万部、多数の企業コンサルや俳優業も

ビジネス著書や、受験参考書だけではなく、恋愛小説の「クロスロード」はシリーズ100万部のベストセラーに。

恋愛学の解説付きの“恋に効く小説”として、連載当初より大きな話題に。小説から誕生したオリジナルネックレスや香水も大ヒット。

泉氏の功績は講師や作家だけではなく

  • アイドルなどのプロデュース業
  • アーティストとのコラボレーションプロジェクト
  • ジャンルを掛け合わせた総合エンタメ舞台のプロデュース
  • 飲食店、リラクゼーションサロンのプロデュース
  • 多分野にわたる様々な企業の顧問や役員
  • 経営コンサルティングや戦略的プロモーション構築
  • 多くの企業顧問や役員
  • 講演会や独自メソッドによるセミナー、泉塾などの開催と満席集客
  • イギリス、香港、フィリピン、中国など、世界各国での講演会やセミナー開催
  • 俳優業、脚本家、演出家、作詞家、歌手、映画監督、ジュエリーデザイナー、プロレスラーなど
  • 暗号通貨(仮想通貨)の日本国内における普及に貢献
  • 2011年39歳で東久邇宮文化褒賞、2017年にはアメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰を授与される
  • 数々のテレビ番組やラジオ番組に出演、新聞にも掲載多数


このように、活動は多岐にわたります。すばらしいことに、そのほとんどの分野で成功し、しっかりと実績を積み上げています。
活動や行動の範囲やジャンルにとらわれて自分自身にブレーキをかけたりせず、自分のやりたいと思うこと、興味をそそられる事業に躊躇なく取り組むことが泉氏のスタイルなのでしょう。

その様々な活動を泉氏は「ボーダレス」と称しています。境界線を作らない。縦にも横にも区切らない。それがボーダレスです。職業をカテゴライズするのではなく泉忠司の職業は「泉忠司」なのです。ここでは紹介しきれないほど泉氏の功績は様々です。

【泉忠司】人生から学びノウハウを知る!泉忠司のセミナー

続きを見る

マルチに活動する泉忠司が民間最高の褒賞を受賞

泉氏の経歴についてはお話した中でわかっていただけたかと思います。泉氏がモットーとしているボーダレスな活動とは?

様々な分野で活躍することを「マルチに活動」と言うことはありますが、泉氏がボーダレスにこだわる理由とは?泉氏はこう話しています。

人間のあらゆる活動はすべてひとつにつながっているという考え方のもとに、縦にも横にも区切らない「ボーダレス」な活動をモットーとしています。

つまり、人間の活動をカテゴライズすることなく、泉忠司は「泉忠司の活動」という、たったひとつの活動を行っているに過ぎないのです。

例えば、「大学教員なのに、どうして俳優を?」などと聞いてくる方がたくさんいらっしゃいますが、「どうして大学教員が俳優をやっちゃダメなのですか?」と、逆に聞いてみたくなります。

大学教員の仕事は通常、「研究して、論文を書いたり、学会発表をする」「教室で授業を行う」「学校運営」の3つに分類されるのでしょうが、例えば机の上で教科書を開いて予習をすることだけが授業の準備でしょうか?

僕は俳優として活動しているがゆえ、他のどの先生よりも声が通る自信があります。だって腹式呼吸ですから。もちろん、特定のセリフをより強く観客に印象づけるような訓練もしているので、授業のなかで強調したいポイントをより明確に学生に伝えることもできます。

「俳優活動」=「授業のいい準備」になっているのです。これはごく一例を挙げたまでのことで、人間の活動はすべてつながっています。

泉忠司の職業は「泉忠司」なのです。

(引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html#a-01)

 

泉氏の活動は、講師・プロデュース・作家・俳優・ 脚本家・演出家・作詞家・歌手・映画監督とその名の通りボーダレスな活動です。
この活動の幅の広さ、そして数々の活躍など世界的に評価されています。

泉氏の言うように、人の活動はジャンルで分けられているようでありながら、実は全てつながっています。しかし多くの人が、自分自身にできることは限られたことだけだと思っています。そして、その限られたことだけを一生懸命やって人生を終えていく。

確かに、多くのジャンルで成功できる泉氏には類を見ない能力があるのでしょう。しかし、泉氏のメッセージを読むと、才能があるからたくさんのことに成功しているということではないことが分かります

多くの人は、「自分にはできない」と勝手に決めつけています。本当は自分に勝手にかけている制限を外してしまえばどんなことにも挑戦できるのですが、それに気付けないでいる人が多いです。そのため、多くのことに挑み続ける泉氏に憧れている人もとても多いです。

 

民間最高の東久邇宮文化褒賞を授与

国内外における教育や多方面に渡る文化的活動、国際交流への貢献を評価され2011年には当時39歳の若さで東久邇宮文化褒賞を授与しました。

東久邇宮文化褒賞というのは、三大宮様賞のひとつであり、

●高松宮賞・・・スポーツで優秀だった方を顕彰
●秩父宮賞・・・医療に貢献した方を顕彰
●東久邇宮賞・・文化や善事に尽くされた方を顕彰

1.文化的活動(芸術、美術、音楽等)に従事し、その振興に携わっていること
2.文化的活動における社会的評価を受けていること
3.世界の平和、文化的交流の為に、国際的活動に従事し、その振興に携わっていること
4.人格的にも優れ、将来への展望を持ち、努力を怠らない者

に与えられる民間最高の褒賞とのことです。

アメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰を授与

泉氏は世界中で多くの社会貢献活動を行なっています。中国の砂漠を森に変えるプロジェクトや、インドやカンボジアなどの発展途上地域への学校の建設、さらにフィリピンにおける社会問題を解決するような取り組みも行なってきました。このような世界各国での社会貢献活動が評価され、2017年9月にアメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰を授与されました。

そして、中国、インド、カンボジアのようなプロジェクトを行う地域では、講演会やセミナーなども開催してきました。どのセミナーも開催されるたびに多くの参加者が集まり、常に満員の状況です。

海外メディアではKing of Coin(暗号通貨王)」と称されています。これはビットコインをはじめ、暗号通貨そのものを日本国内のみならず海外へも普及に大きく貢献したのが泉氏だと言われているからです。

このように日本、世界から評価される泉氏の全てを詰めたプロジェクトが“ビリオネアキャッスルです。

2018年10月から募集を開始し参加者収益は既に3兆円超えとなっています。泉氏の実力の元、圧倒的な結果が数字として出ています。

成功者への道を導きそしてビリオネアにもなれる。それが“ビリオネアキャッスル”というプロジェクトです。

泉忠司の最後のプロジェクト~ビリオネアキャッスル~

このビリオネアキャッスルは誰でも参加することができます。もちろんお金もかかりません泉氏がこのプロジェクトを利益目的で立ち上げたわけではないことがわかると思います。

時代のトップともいえるビリオネアキャッスルをあなたも体験し成功者ビリオンになれるのです。

僕が約8年前から構想していたあるプログラムを、ついに公開する日がやってきました。このプログラムでは資産数千億の僕が、これまで培ってきた全てのノウハウと最上位の情報を余すことなく公開します。

このプロジェクトが僕が手掛ける最後のプロジェクトです。莫大な、想像もつかないほどの利益を手に入れてください。

泉忠司

ビリオネアキャッスルは一言で言うと泉忠司の真似をし、泉忠司になる」というものです。

その真似るとは?単に容姿や服装を真似るわけではありません。プロジェクト中で、泉氏はこう語っています。

“僕と同じタイミングで…
「僕と同じ仮想通貨をあなたが入手していれば」
「僕と同じ手法で起業していれば」
「僕と同じ銘柄の株を入手していれば」
「僕と同じように資産運用できていれば」
あなたは今頃、僕と同じようなビリオネアになっているはず。”

ビリオネアキャッスルはまさにこれを実現する為につくったプロジェクトなのです。泉氏が今からやろうとしていることを同じタイミングで一緒にやればいいのです。プロジェクトの参加者は泉氏から発信される最新の情報をいち早くキャッチすることができます。

この情報はインターネットにもテレビでも発信されていないまだ世の中に出回っていない最新の情報です。

泉忠司が最新の情報を得られる理由

ここで疑問が出てきます。なぜ泉氏はそんな最新の情報を知ることができるのか?

それは…「時流を企てる層」からです。

この世界には4つの層があり
①時流を企てる層
②時流を創る層
③時流に乗る層
④時流に飲み込まれる層

この4つに分かれています。世の中のだいたいの人間は④の「時流に飲み込まれる層」に属しています。
自分自身何か行動を起こし、利益を得るという人もいるでしょうが、それでも③の「時流に乗る層」にしかすぎません。

泉氏は②の「時流を創る層」にあたります。なので親密な①の「時流を企てる層」から最新の情報をいち早く入手することができるのです。

センスや経験ではない情報で勝ち取るビジネス戦略

今まで泉氏は仮想通貨ADA(エイダ)コインなどの仕掛け人として動き、“時流を創る”を実行していました。

それと同じように世間が情報を入手する前に、泉氏が投資する仮想通貨や株を同じように投資し、泉さんと同じ利益と得よう。というものです。

仮想通貨やネットビジネスは頭良さ直感などでは上手くいきません。センスや今までの経験からわかる「良い流れ」を掴むことも大切です。

それに加え「①時流を企てる層」からの情報です。センスや経験は他でも磨けるかもしれませんが情報だけはどれだけあがいても、どうすることもできません。

自分に自信があったとしてもいち早く情報を掴める人間。そしてノウハウを知り尽くしている人間について行くことが必ず勝率がアップし、一番効率が良い方法です。

情報によって大金が得られることを体験

時流を企てる層から得た最新の情報を泉氏が独り占めしてビジネスに活用し自分の利益に活かせるはずなのですが泉氏はこの情報をビリオネアキャッスルを通して公開しています。

それは彼の原点が教育者。教える立場の人間だからです。今後を左右する重要な情報は普通の人間であれば「教えたくない」と思うのが当然です。

でも、それではただのお金持ちや1人勝ちを企む心の狭い人たちと同じになってしまいます。泉氏はそんな小さな人間にはなりたくなかった。

泉氏は時代の先端を生きる人間です。そして教育者です。「知りたい」という想いに応えたい。ビリオネアキャッスルの原点はまさにここです。教育者として、そんな気持ちから泉氏はビリオネアキャッスルを立ち上げたのではないかと私は考えます。

ビリオネアキャッスルに参加して感じたメリットとデメリット

ビリオネアキャッスルにこれから参加したい、参加するかどうか迷っているという人のために、最後にビリオネアキャッスルのメリットとデメリットを紹介しておきたいと思います。

ビリオネアキャッスルに参加するメリット

ビリオネアキャッスルに参加することで、多くのメリットを受けることができます。入会してみて気付いたことはたくさんありましたが、中でも以下の2点はとても私自身のためになりました。

  • 時流を創る層から仕入れる情報を手に入れることができる
  • ビリオネアキャッスルにより得られる情報で自分のビジネスも広がる

特に時流を創る層からの情報は、泉氏でなければ入手できないものです。一般の人は世間に流れてくる前の情報を聞くことも見ることもできませんが、泉氏のように特殊な人脈があればそれが可能になるのでしょう。

そう考えると、私たちにとっての特殊な人脈というのがつまり泉氏のことと言えます。ビリオネアキャッスルでは「こんな情報もいいの??」というような情報を泉氏は惜しみなく提供してくれます。特別な情報を得られるという点においては、ビリオネアキャッスルに勝るものはないというくらい大きなメリットです。

そして、情報の素晴らしいところは次の情報へと繋いでくれるという点です。得た情報はそれで終わりではなく、その情報のさらに先の世界へと導いてくれます。自分自身のビジネスも一つの情報を得たらそれで終わってしまうのではなく、その情報が繋がる次のビジネスや人脈へと広がっていきます。

ビリオネアキャッスルに参加するデメリット

次にデメリットです。メリットばかりに思えるビリオネアキャッスルですが、私はあるデメリットを感じました。

  • 入会のハードルが低い
  • 自分の本気が試される

実際にビリオネアキャッスルに入会してみて他の参加者たちとの間に意識のギャップを感じることがありました。ビリオネアキャッスルには無料で参加することができます。そのため全ての人が同じ意気込みを持っているかと思いましたがそうではない人もいました。

しかし、入会した後はそのような人たちも感化されて一念発起していきますし、そうではない人は離脱していくことになると思います。ビリオネアキャッスルに入会する前にはまだ迷っていたという人も、入会後は本気が試されることになります。ある意味で、まだぬる湯につかっていたいという人はやめたほうがいいかもしれないですね。

ビリオネアキャッスルの評判や口コミは?

ビリオネアキャッスルは、ネットやSNSでもかなりの評判を集めています。

 

ビリオネアキャッスルの一番の特徴として
プロジェクトの参加者は泉さんから発信される「最新の情報」を一番に得ることができるんです。
この情報はインターネットにもテレビにも出回っていない非公開の情報なんです。
世の中に出ていない情報を知ることができるってすごくないですか?
プロジェクトの参加はただで「情報」という大きな利益をまず受け取れるんです!
かなりおいしい話だとおもうな~

引用:https://ameblo.jp/murata0921/entry-12480120996.html

 

かなり期待できそうですね。これからの動向も楽しみです。

 

何万人規模で動く大プロジェクトがビリオネアキャッスル

泉忠司氏のビリオネアキャッスル、そしてビリオネアキャッスルのメリットやデメリット、参加者からの評判などについて解説してきました。

ポイント・まとめ

  • ビリオネアキャッスルの発足人泉忠司は、受験英語参考書、ビジネス書、恋愛小説など、多くのジャンルの書籍を多数出版している
  • ビリオネアキャッスルは、参加する人たちが泉忠司と同じタイミングで同じ行動をとることにより、泉忠司と同じ成功を手にするための後押しをする「ビリオネア量産プロジェクト」
  • ビリオネアキャッスルは普通ならば手に入らない情報が得られ、さらにビリオネアキャッスルによる情報や人脈で自分自身のビジネスも進展する
  • ビリオネアキャッスルはメリットばかりの反面、参加費無料で入会ハードルが低いため、自分自身の本気が試される
  • 泉忠司のビリオネアキャッスルは、ネットやSNSでも評価が高く、今後もその内容には期待が持てる

ビリオネアキャッスルは参加費など一切かかりません。その点からも泉さんが利益目的でこのプロジェクトを起ち上げたわけではないことがわかります。教育者だからこその行動なのです。

ビリオネアキャッスルは少人数で行うようなそんな小さなプロジェクトではありません。何千人、何万人規模で動く壮大なプロジェクトです。

泉氏と何万人の参加者全員で同時に同じ投資をしたら…確実にお金を稼げる結果が見えています。私たちが泉氏と共に時流を創るのです。それがビリオネアキャッスルです。

今後もビリオネアキャッスルの行方を一緒に見ていきましょう。

-ネットビジネス, 仮想通貨
-, , , , , ,

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.