☆ネットビジネスラボ☆

稼げるネットビジネスノウハウ集

ネットビジネス 仮想通貨

【最新版】令和・仮想通貨の動き!投資家達の関心はどこに?

2019年の仮想通貨やブロックチェーン投資についてこうなっていくだろうという予想を投資情報メディアであるInvesting Havenは公開しました。

 

2017年に仮想通貨市場が加熱。

しかし一転して2018年は勢いを失ってしまいました。

そして元号が変わった令和元年。2019年の市場はどのようになっていくのか。

 

今回はInvesting Havenが公開した2019年の仮想通貨に関するお話を紹介したいと思います。

 

 

2019年の仮想通貨業界はさらに熱が増すと予想され強気な姿勢だと言われています。

 

ファンダメンタル分析を行うと業界を騒がせている「浄化」を

うまく乗り切れた仮想通貨は生き残り、

多くの仮想通貨はふるいにかけられるだろうとのことです。

 

ここからはInvesting Havenが公開した

「2019年の仮想通貨業界の5大予想」を取り上げたいと思います。

 

 

その①機関投資家の資金が流入

これまで個人個人での投資が目立っていた仮想通貨市場ですが

2019年はいよいよ機関投資家の資金が流入してくるのではないかと予想されています。

 

最近の事例でいうと、世界でも有数の投資会社のフィデリティの参入、

ハーバード大学などの大学基金による多額の資金流入があげられます。

 

仮想通貨取引所BakktのCOOであるAdam White氏は仮想通貨への投資を待ちかねていた機関投資家資金の掛け合い状態だとの発言もあります。

 

機関投資家が多額の資金をつぎ込めば市場が賑わい、共に価格も上昇。

2017年のような加熱ぶりに戻る可能性は大いにあるでしょう。

 

 

その② リップルが勢いを増す

リップルが今後、仮想通貨業界でも最も注目の的となるであろうという予想は

誰しも一度は目にしたことがあると思います。

 

最近の出来事でいうと

リップル社とトランプ政権との対話が明らかとなり良いイメージが後を絶ちません。

タイトルにもある通り、投資家たちの関心はリップルへ集まるとの予想もされています。

 

この情報はInvesting Havenの中でも一番確信が持てる情報だそうです。

リップルの躍進は機関投資家の思惑としてローリスクハイリターンを狙っていると予想されるためです。

 

そもそもリップルとは

簡単に言えば、現在銀行間における送金は銀行のネットワークにより行われていますが、

これがリップルのネットワークにおきかえるプロジェクトをしているのです。

 

国際送金をする人でないとピンと来ないかしれません。

例えば、ゆうちょ銀行でアメリカ合衆国へ送金しようと思ったら、

100米ドル以上の場合は10米ドルの仲介手数料が送金金額から差し引かれることになります。

 

12,000円送ったら1,200円を手数料として支払わなくてはならないのです。

これでは個人間で取引するのにももちろん、国際間での取引も阻害されているといって過言ではありません。

 

しかし、リップルネットワークを利用することにより、

格安で利用することができるだけでなく、取引完了までの時間も大幅に短縮することができるのです。

これはビジネスにおいて大きなメリットとなり、世界中の物流を変える機会にもなり得るプロジェクトなのです。

 

このように個人でもビジネスでも利点のあるリップルに

機関投資家の多額の資金が流れると価格は数年で2倍になると予測しています。

 

その③ ビットコインの価格上昇

ビットコインは仮想通貨市場において指標となる銘柄ではありますが、大躍進は厳しいとの見立てです。

しかし、現実的な価格の上昇もありえるであろうとの意見もあります。

 

Investing Havenはビットコインの先物による妨害を指摘しています。

ビットコインは多くの買い手が集まる場所に多くの売り手が集まり、

結果的に多くの売り手のもとに多くの買い手が集まる状態となっています。

これを「二面性市場」といいます。

 

その様子を踏まえると1BTC=25000ドル(約280万円)まで上昇すると言われています。

 

 

その④ ブロックチェーンの実装化が進む

 

ブロックチェーン技術については国内外問わず、実証実験や導入に向けた動きを見聞きしますが、思ったほど実装化が進んでいない印象をお持ちではないでしょうか。

 

しかしながら、世界最大級のサービスファーム、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)によると顧客の巨大企業の多くがブロックチェーンに巨額の投資をしているとのことです。今後も増加の傾向になるだろうとしています。

 

企業のブロックチェーンに対する予算額も増加傾向で、ブロックチェーンに投資する資金が打ち切られることはないだろうとのことです。

 

その⑤ 価値ある仮想通貨が2019年に躍進

2018年は多くの仮想通貨が価格を下げました。

投資家にとってみれば残念なことですが、良い点をあげれば市場がクリアになった

とInvesting Havenは掲載しています。

 

価値や意味のないプロジェクトが一度クリアになったことで、

2019年は本当に価値のある。確実なものだけが生き残るだろうとしています。

 

価値をもつ仮想通貨が2019年に躍進をはじめ、2022年までに勢いを保つだろうとしています。ただ、仮想通貨市場の2極化もあるだろうとしています。

 

一度消えかけたかもしれない仮想通貨の火が再び燃え始め

これから更に加熱していくと予想されます。

 

機関投資家の資金。さらには今大手IT企業の参入もみられます。

本当に価値のある選ばれし仮想通貨のみが生き残るこれからの時代に

今までは遠かった仮想通貨の存在がすぐそばにくることになるでしょう。

 

普段の買い物の決済に仮想通貨が。

そんな時代がするかもしれません。

 

仮想通貨そのものの価値が高まり

そしてユーザーが増えていくと、結果はもう見えてきますね?

価格が上昇し、2017年よりも盛り上がっていくことでしょう。

 

-ネットビジネス, 仮想通貨

Copyright© ☆ネットビジネスラボ☆ , 2021 All Rights Reserved.